クレジットカードの申込みを複数申込みすると審査に落ちる?

 

今回はタイトルにもあるように、「クレジットカードの申込みを複数申込みすると審査に落ちるのか?」ということについて解説していきます。

 

クレジットカードの審査に通らない(審査に落とされた)からといって、短期間に手当たり次第、色々なクレジットカードに申し込むことを多重申し込みといいます。

 

例えば、クレッジットカード発行のポイント欲しさ、クレジットカードの期間限定の特典欲しさなどで、クレジットカードの審査をしてみたり、どこでも良いからクレジットカードを申し込むという行為。

 

クレジットカードを短期間に複数社から申し込みをしてしまうと、信用情報機関にその情報が記録されてしまい、クレジットカード会社もこの信用情報をみて、審査をしているため、あなたは貸し倒れのリスクがあると判断し、審査に落とされてしまう可能性があります。

 

もし、短期間でクレジットカードに申し込みをしていたら、まずは6ヶ月間審査・申し込みをするのはやめてください。

 

これまでの情報は信用情報機関に6ヶ月間保管されています。

 

この信用情報機関に個人情報が載っている以上、あなたは審査に落とされ続けますし、ますます個人情報の評価が下がってしまいます。

 

 

短期間で3社以上申し込むとブラックリストに載る?

 

クレジットカード会社によって審査基準が違いますので、こればかりは、確実なことは言えませんが、一般的に3短期間に社以上申し込んだら多重申込みと言われています。

 

中には、「ブラックリストになってしまう!」なんて方もいますが、クレジットカードの審査を受けるだけでブラックリストに載ることはありません。(但し、一度に数十社も申し込んだりした場合は、もしかしたら、ブラックリストに載ってしまうかもしれません。)

 

上でも説明しているように6ヶ月間信用情報機関に登録されてしまいます。多分、このことを皆さんブラックリストと呼んでいるのではないでしょうか。

 

皆さんが言っているブラックリストは、何らかの事故(債務整理、自己破産、任意整理、個人再生、延滞、遅延)などを起こさない限り、ブリックリストに載ることはありません。

 

また、一番クレジットカード会社が恐れているのは、「貸し倒れのリスク」です。

 

短期間で複数社からクレジットカードの申し込みをする方は、なんらかの意図があると思われます。

 

例えば、クレジットカードに付いているキャッシング目的やクレジットカード枠の利用限度額に達したなど様々な理由が考えられます。

 

申込者のこれまでの利用状況などを確認し、貸し倒れのリスクが大きいと判断した場合、審査に落とされる可能性があります。

 

ここで審査に通る方はクレヒス(クレジットヒストリー)クレジットカードの利用履歴の状態が良い方になります。

 

信用情報機関に載っている情報、クレジットカード会社がもっている情報を確認し、審査に影響が出てきます。

 

上記にも書いてありますが、過去に債務整理、自己破産、任意整理、個人再生、延滞、遅延をしてしまった方は、審査に通らないことが多いです。

 

 

クレヒスを良くしていく方法

 

「クレヒス」=「信用を積み重ねる」ということですので、今後、支払いの延滞、遅延が一切ないようにしましょう!これは絶対にしないようにしましょう!

 

もし、口座引落の場合は、残高不足を起こさないこと。また、毎月支払う家賃や公共料金の支払も延滞などがないようにしましょう!

 

これから支払わなければいけないもの全てにおいて、遅延、延滞はしてはいけません。

 

もし、あなたがクレジットカードを1枚でも持っているのであれば、今後の公共料金の支払いなどをクレジットカードにすることをオススメします。

 

支払いをクレジットカードにすれば、自然と良いクレヒスが積み重なっていきます。もちろん、遅れてはダメですよ!毎月決まった日に支払いが出来ていればOKです。

 

 

・必ず忘れずに支払う

 

・銀行口座の残高不足に気をつける

 

・公共料金の支払いはクレジットカードにする。

 

 

まずは、ここからクレヒスを積み重ねて行きましょう!

 

 

クレジットカード審査を通すためのコツ

 

クレジットカード審査を通すためのコツとして、冒頭にも書きましたが、まずは、複数のクレジットカード会社の申し込み(多重申込)は避けましょう!

 

また、キャッシング枠が付いているクレジットカードは必ず「ご利用キャッシング枠」を0(ゼロ)円または、希望しないにチェックなどを入れてください。

 

これまでクレジットカード審査に落とされた方はキャッシング枠を0(ゼロ)円にしたら審査に通ったという方が多々いらっしゃいます。

 

キャッシングを希望される方は、クレジットカード審査以外にもキャッシングの審査が入ってしまいますので、その分、審査の壁が高くなってしまい、落とされてしまう可能性も高くなります。

 

なるべく審査項目は増やしたくはないので、「ご利用キャッシング枠」はスルーしましょう!

 

 

まとめ

 

さて、今回は、

 

「クレジットカードの多重申込」

 

「クレジットヒストリー(クレヒス)の重要度」

 

「ブラックリスト」

 

「審査を通すためのコツ」

 

について解説してきました。

 

クレジットカードに申し込む際は、多重申込みをせず、キャッシング枠も外して審査に通してください。

 

万が一、審査に落ちてしまった場合、6ヶ月間は信用情報機関にあなたの情報が載っていますので、再度申し込みする場合は、6ヶ月以上期間を空けたほうが無難かもしれません。

 

自分がブラックになっているか調べるには、下記の情報機関に連絡をしてください。

 

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)

 

・株式会社日本信用情報機構(JICC)

 

・全国銀行個人信用情報センター

 

また、すでにクレジットカードを持っており、今後クレヒスを積み上げていきたい方は、公共料金などの支払いをクレジットカード払いにして、どんどんクレヒスを積み上げていきましょう。

 

遅延、延滞などがなければ、良いクレヒスを重ねられますよ。※口座残高はしっかりと確認しましょう!